世界最新モデルの睡眠時無呼吸症候群検査
(Alice PDx)
導入


睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に無呼吸が繰り返すことにより十分な睡眠がとれず、
日中の眠気、集中力の低下が生じ、
これが交通事故※1や作業効率の低下の原因となります。



また最近注目されているメタボリックシンドローム※2
高血圧、糖尿病、心臓疾患、脳卒中といった
生活習慣病とも深く関わりがあることが明らかとなりました。
 
方、SASは比較的容易に治療できる症状を改善することが出来ます。
よって、早期発見と早期治療が非常に重要です。
 
※1=SAS患者の居眠り運転による交通事故率は
健常者の7倍も高いという報告もあります。
 
※2=SAS患者のうち男性の49.5%、女性の32%にメタボリックシンドローム
が合併していたという報告もあります。 

当院の検査治療機器は

さまざまな用途に対して、信頼性の高い検査データが得られます。

無呼吸の程度を調べる為に、機械を持ち帰り自宅でスマートウォッチ(鼻口フロー・
いびき・体位・胸囲呼吸・Spo2を同時に記録出来る小型の
医療機器)にて検査を行います。上腹部に、検査器・指先と鼻に
センサーを装着するとても簡単な検査です。
 

今まで区別出来なかった無呼吸タイプを識別することによって、
提供な治療を提供することが可能となりました。





脳波・筋電図・心電図の記録が可能です


専用のセンサーを追加することで、脳波、
筋電図及び心電図の測定・記録が可能となります。